• ホーム
  • 狂犬病はどんな症状が出るの?死のリスクが高い?

狂犬病はどんな症状が出るの?死のリスクが高い?

狂犬病というのは有名な犬の感染症です。病原体は狂犬病ウイルスで、主な感染源となるのはウイルスを保有する犬・猫・コウモリ・狐・スカンク・アライグマなどです。ウイルスを保有するこれら動物に咬まれたり引っかかれたりして、その際にできた傷からウイルスが侵入して感染することが多いです。人から人への直接感染はありませんが、角膜移植によって伝染した事例は存在します。

日本では1957年以降、国内を発症源とする発生は確認されていません。1970年にネパールから帰国した1名と2006年にフィリピンで犬に咬まれた後に帰国した2名が狂犬病で死亡してますが、これらは国外を発生源とするため国内発生率には含まれていません。

世界的に見て、狂犬病の発生率が高いのはアジア圏です。しかしアジア圏でも日本や台湾などは発生率がとても少ないことで知られており、インドや中国で多発傾向にあります。また、アフリカ・ヨーロッパ・北米・中南米でも見られます。アジアやアフリカの感染経路は野犬が多く、ヨーロッパは狐、北米や中南米では狐・スカンク・アライグマ・コウモリなどな感染源になることが多いそうです。

一部ですが、ペットから感染した人もいます。これは大方、野生動物からペットに感染した結果と言えます。ペットに思いきり咬まれるということはあまりないかと思いますが、甘噛み程度でも感染経路になり得ますし、皮膚に微細な傷がある場合もリスクは大きくなります。

狂犬病に感染した場合、潜伏期間が1ヶ月から3ヶ月ほどあります。発症に至った時には、3ヶ月前あたりまで記憶を辿って感染経路を特定しましょう。感染経路の特定が治療に結び付くわけではありませんが、飼い主としてペットを守る意識の問題には関わります。

狂犬病は、一度発症すると必ず死に至る病気です。そのため、症状は経過と共に悪化していきます。初期は発熱・頭痛・倦怠感・疲労感・筋肉痛といった風邪に似た状態が生じ、感染経路となる負傷部位に痛感や知覚異常が現れます。脳炎が進むと興奮・不安・錯乱・幻覚・攻撃性・水を嫌うなどの症状が出始め、その後は昏睡と呼吸停止から死亡に至ります。

潜伏期間中に複数回のワクチン接種を行うことで発症を予防することは可能ですが、一度発症してしまえば改善の目処は立ちません。狂犬病の予防接種をしていないと思われる動物(特に野生動物)に咬まれたり舐められたりした時には、できるだけ早く接触部位や傷口を流水と石鹸で洗浄してください。そして、念のために受診しましょう。