• ホーム
  • 犬に与えてはいけない食べ物・飲み物とは

犬に与えてはいけない食べ物・飲み物とは

美味しいチョコレート

犬に与えてはいけない食べ物は、チョコレート・ネギ類・キシリトール・ナッツ類・アボカド・ブドウ系食品です。その他にも栄養素の過剰摂取による肥満や臓器障害の懸念から、糖質・脂質・塩分などが多量に含まれている食べ物も避けるべきであり、毒性はないにしても量を弁えるべきだと言われています。

チョコレートは、テオブロミンと呼ばれる物質が毒性を持ちます。初期は嘔吐・下痢・尿失禁・脱水・震え・ソワソワ・体温上昇が見られ、進行すると筋肉硬直・痙攣・昏睡が起きます。摂取後から発症までの時間は通常6時間から12時間後、早くて1時間から2時間後です。摂取量と重症度・進行速度は比例します。

ネギ類の毒性は、アリルプロピルジスルフィドです。この物質は体内で吸収されると赤血球を壊すため、貧血の原因となります。赤血球は体内組織に酸素を送りながら不要物を受け取る役割があるため、破壊が起きると呼吸器に障害が起きる可能性があります。初期症状は貧血・黄疸・食欲不振・血尿・不調感、進行すると呼吸困難が起こります。吸収された後に問題が起きるため、摂取後1日から5日に発症します。

キシリトールは犬の体内に入るとインスリンを過剰放出させ、低血糖症を引き起こすと言われています。初期症状は摂取後30分から60分以内に現れ、嘔吐・涎を流す・発作・脱力が見られます。摂取後2時間から72時間ほどで進行し、急性肝不全の兆候が出てきます。摂取量と重症度・進行度は比例するため、多量なほど早く重篤化します。

アボカドが持つ毒性物質は、ペルシンと呼ばれるものです。これは果実と種に含まれており、摂取すると嘔吐・下痢・呼吸困難が引き起こされます。中毒に至る量が不明なので、少しでも摂取は危険とされます。また、アボカドは犬以外の動物にとっても毒となることが多いです。

ナッツ類は、摂取後6時間から12時間以内(早くて約60分)に嘔吐・腹痛・震え・ぐったりする・脱力といった症状が起きることがあります。原因物質と中毒メカニズムは不明であり、全ての犬がなるわけではありません。

果物のブドウやレーズンなどブドウ系食品も原因物質と中毒メカニズムは不明ですが、摂取により嘔吐・下痢・食欲不振が起きることがあります。犬全般に見られる反応ではありませんが、ひどい場合には急性腎不全になったケースがあるため与えるのは避けた方が良いです。

続いて、飲み物について見ていきましょう。犬に与えてはいけない飲み物には、アルコール・カフェイン飲料などが挙がります。糖質・塩分が多い飲料や汁物、人用の牛乳やマグネシウムが豊富な水も栄養と吸収の関係から避けるべきだと言われています。

アルコールはエタノールの影響が強く、摂取により尿失禁・嘔吐・下痢・過眠・呼吸制御・発作・昏睡が起きます。生きた酵母がいる焼く前のパン生地や、腐敗したリンゴによって中毒を起こしたケースもあるため要注意です。

カフェイン飲料には、コーヒー・紅茶・緑茶・コーラなどが含まれています。これらの摂取により、興奮・下痢・嘔吐・痙攣・不整脈が起こり得ます。ココアに関しては、チョコレートと同様の症状が懸念されます。