• ホーム
  • 愛犬のために定期検査・健康診断をやろう!主な検査内容を紹介

愛犬のために定期検査・健康診断をやろう!主な検査内容を紹介

人間には会社や国の方針で定期検査の通知が届きますが、犬には定期検査がありません。あくまで任意の健康診断となりますが、犬は不調があっても主張しないことが多いため、定期的に行うことが勧められています。

一般的な健康診断の内容は、問診・体重測定・視診・触診・検尿・検便・血液検査・レントゲン・超音波・心電図です。病院により検査内容やその項目には違いがあり、行う検査や調べる項目が多いほど費用は高くなります。

問診では、飼い主が医師に日頃の様子を伝えます。食欲や元気の具合、排泄の状態などを聞かれることが多いです。犬の健康については、習慣的にノートなどに記録しておくと的確に伝えることができます。

体重測定は、肥満と痩せ型のレベルを判断するために行われます。肥満は万病のもとであり、痩せすぎている場合は誤まった飼育法や潜伏する病気の可能性が疑われるため、人間と同様に基本的な検査となります。視診は視覚的な検査で、主に目・耳の中・歯などを診ます。触診は触ることで異変の有無を判断する検査で、腹・足・関節・皮膚などに対して行うのが基本です。

検尿では尿路結石・腎臓病・糖尿病などの判断をするために必要で、検便は寄生虫や体内出血の有無を確かめるために行われます。検査に使う尿や便は、自宅で採取したものを病院まで持っていくのが一般的です。

血液検査では、赤血球・白血球・肝機能・貧血・たんぱく・血糖値・コレステロールなどの数値を測定します。病院によって検査できる項目数は異なりますが、一般的には上記の項目が基本です。犬の血液検査で必要になる採血量は人間の場合よりも多いため、犬と医療従事者の負担を減らすために飼い主も手伝いを求められることがあります。採血箇所は足の静脈が基本ですが、血管が細い場合は首の血管から採ります(病院により1回目から首で行うこともあります)。

レントゲンは、視診や触診だけでは分からない骨や内蔵の状態を確かめるために行います。超音波検査はレントゲンで確認できない詳細な検査ができ、主に腹と心臓に機械をあてて内臓の大きさや動きを確認します。機械が皮膚上で滑りやすいようにゼリーを塗るため、それに対して不快感を示す個体もいます。また、毛が多い場合は診る部分のみ剃ることがあります。

心電図は、心臓のある位置に専用の機械を取り付けて動きを確認します。人間と同じように胸にあたる部分に機械を取り付けるため、じっとしていなければならないといったこと以外は負担がかかりません。