• ホーム
  • ペット保険のススメ!高額負担を避けるためには必須です

ペット保険のススメ!高額負担を避けるためには必須です

犬の医療費は、人間と同じく基本高額です。しかし人間の場合は保険に加入している方が多いため、一般的には自己負担3割で受診・検査・治療といった医療提供を受けることができます。本来10000円の医療費が、保険に加入していれば自己負担3割の決まりに則り3000円で済むということです。

自己負担3割の医療費が普通になっていると忘れがちですが、保険の存在によって支払うべき費用は低減されています。これにより医療提供を受けることに対する経済的ハードルが下がり、家計と健康への負担軽減が実現されます。

日本において人間の保険加入は当たり前のものという認識が広いのですが、犬の保険については浸透率がそれほど高くない状況にあります。犬や猫など愛玩用として飼う動物の保険はペット保険と呼ばれており、人間のものと同じように自己負担額を低減する決まりが設けられています。

ペット保険の自己負担額は5割から3割が多く、一般的には医療費の50%から70%が補償されます。ペット保険を提供している会社はいくつか存在していますが、その中には90%から100%の補償をしてくれるところもあります。人間のものと同様に補償の割合が高いほど月々の保険料も高い可能性が考えられるため、補償率にとらわれず飼い主の家計事情に合うペット保険を選ぶことが大事です。

ペット保険が適用される医療内容は会社によって異なりますが、大体はちょっとした内容でも自己負担3割から10割の補償を受けることができます。人間が医療提供を受ける時に、怪我や病気の程度を問わず自己負担額が3割になることと同じです。少しの怪我やすぐに治る病気で医療提供を受けたとしても保険は適用されるため、ペット保険は有用と言われています。

もちろん、大きな怪我や病気の際も保険は適用されます。治療を施すべき内容が深刻であるほど医療費も高くなるため、万が一のことを考えるとペット保険に加入しておいた方が経済的負担に関するハードルや心配が低くなります。もちろん月々の支払いは発生しますが、もしもの時にはそれなりの有益性が生じます。

診てもらうほどの怪我や病気もなく生涯を過ごした場合、保険はほぼ無駄になるといっても過言ではありません。しかし、犬を含む動物は人間よりも病気になりやすく、怪我に弱い傾向にあります。そのことを考えると、比較的安価なペット保険に加入しておくと後々役立つ可能性は大いにあると言えます。